仙台七夕まつりのマメ知識

宮城県の仙台市と言うのは、東北の中では最も大きな都市であり、人口も多い都市でもあるのです。
この仙台市では毎年夏期になるとあるイベントが行われています。

2011年3月11日に発生した、東北地方太平洋沖地震では仙台市も多くの被害を受けたと言います。
この年は多くの地域で自粛を行うムードが漂っていましたが、仙台では自粛をするのではなく、例年通りイベントを開催する事こそが地域の復興であると考え、この年も仙台七夕まつりが開催されたと言います。

このお祭りは、仙台市の夏期のお祭りでもあり、毎年8月6日から8日の3日間が開催日になっています。
七夕まつりと言うと、7月7日と言うイメージが強いわけですが、仙台では一か月後の8月に開催されているのが特徴でもあるのです。

また、このお祭りが開催される前日には仙台市の花火大会も開催されており、七夕祭りの前夜祭ともいえるイベントが開催されているのが特徴です。

尚、このイベントが開催される時は、仙台市の人口は何倍にも膨れ上がると言われていますが、これは新幹線などが出来たことからも、仙台市がとても近い場所に有ると言う事からも多くの人が夏期のイベントに訪れると言う特徴があるのです。

Comments are closed.