上品の郷を訪ねたら…

道の駅である上品の郷は、宮城県石巻市の国道45号上にあります。まず、施設内の農産物直売所「ひたかみ」という所では、地元石巻市河北地区産の新鮮な野菜をはじめ、餅、お惣菜、南三陸の水産加工品、花、米、果物、菓子などが販売されています。中でも地元で獲れた大粒のべっこうしじみ(11月頃まで)やサンマ明太漬けと言って特大のサンマの腹に明太子をぎっしり詰めたも物、サバやくじらの缶詰やモサガンといって自然薯を練りこんだ蒸しがんづき、麺とサバダシがセットになったサバダシラーメンなどの商品は大変人気があります。レストラン栞(しおり)では、ランチ(昼)やディナー(夕)の時間帯にバイキングが実施されており、旬の食材を使った地元料理が心ゆくまで味わえます。その他には、三陸沖で獲れた金華サバを使った金華サバ漬け丼は、脂がのって味も良く皆に親しまれています。

 

また、温泉保養施設もあり檜の大浴槽や檜の露天風の風呂、水風呂やサウナ、休憩室や食堂もありますので一休みする事も出来ます。コンビニエンスストアや道路情報提供施設もあり、施設の中は最新の道路状況や天気予報、観光情報を見る事が出来るタッチパネルや座敷を使った休憩スペースなども設置されています。トイレも障害者や子供が使いやすいように配慮されています。

Comments are closed.